車の状態

車を売る際には、走行距離や車検の残り期間など、車の状態が査定額に影響することに注意が必要です。


一般的に、平均的な走行距離は年間1万キロメートルほどです。


そのため、走行距離が10万キロメートルを超えると、車の価格は下がり、買い取りも難しくなります。


さらに、車検までの残り期間も査定額に影響します。


車検が1年以上残っていると、査定額は高くなりますが、2か月ほどの残り期間だけではあまり影響はありません。


また、車体の傷の程度や修復歴の有無も査定額に影響します。


つまり、査定時にできるだけ高い価格をつけてもらうためには、日頃から車を丁寧に扱い、傷をつけないようにすることが重要です。


さらに、中古車市場の状況にも注目しておくことが高い査定額のポイントです。


就職や進学などの新生活の準備をする時期には、中古車相場が上昇する傾向があるため注意が必要です。