春はあけぼの、夏は布団クリーニング

積年の夢だった戸建ての家を買いました。

転出の前にそれぞれの居室にクーラーを取り付けなければなりません。


必要なクーラーの数は四つ、かなりの出費です。

しかし、大手の家電量販店で一度に四つ買うからと懇願すると、大きく割り引きをしてくれました。


考えていた費用よりも、とても安く住みました。


前日に引越しのキャンセルをすることになり、引越しと宅配クリーニング業者やクリーニング店へ連絡してみると、キャンセル料として、引越し代金の10%がかかりますと宣告されました。


以前別の引越し業者でキャンセルした際は、引越しと宅配クリーニングの前日でも引越し代金を全額支払わなくてはならなかったので、前回よりも安く済んで、ほっといたしました。

私は引っ越しと宅配クリーニング経験があるほうだと思います。


ガスは事前に止めることもできますが、今までは、引っ越し当日に解約することが多かったです。


引っ越しと宅配クリーニングが近づけば、その準備で気力も体力も消耗するので引っ越し前日の夜ともなれば最後のお風呂に入り、疲れを癒やすのが楽しみでした。


それに、当日になっても温かいものを飲むと気持ちが休まるのです。


私は引っ越しと宅配クリーニングをしたのを機に、家にあった不用品を買い取ってもらうことにしました。

家具や洋服など、様々にありました。


業者の人に家に来てもらって、隅から隅まで査定を行ってもらったのです。

そうすると、思いがけない査定額が出ました。


不用品が、なんとお金になったのです。


すごく嬉しかったです。

引っ越しと宅配クリーニングをいたすのですが、その料金がいくらくらいになるか非常に不安なのです。


友人が先に、単身での住み替えをした時には驚く程の費用がかかっていました。


その話を聞きつけていたので、私は一体いどれほどかかるものなのか心配になっています。


手始めは複数の引越し業者に、見積もりをとって頂こうと思います。

大きな家電や家具などを、引っ越しと宅配クリーニングスタッフがトラックに運び入れたりするのを見ると、どこかにぶつけたりしないか、などと心配になってしまいます。

段差に引っかけて落下させてしまい、壊れてしまったという事態になったら困りますので、スタッフがプロらしく辛そうな顔もせずに、丁重に荷運びしてくれる会社は、安心です。


転勤族なので引っ越しは何度も経験していますが、作業は私も一緒になってやっており、それもあってか、目の前で荷物や布団や洋服や布団を荒く扱われた、という経験はないです。

とはいえ、引っ越し時には荷物や布団や衣類の破損があった場合、補償する仕組みもあり、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず引っ越しと宅配クリーニング業者やクリーニング店にやってもらった方がいいかもしれませんね。

転居時に、設置の場所に、かなり気をつけたい家電が洗濯機でしょう。

毎日のように、水をたくさん使う家電ですし、十中八九、水道の近くに置くことになります。

水回りに設置する洗濯機の周囲というのは、湿気がこもりがちで、そして、そうそうあることではありませんが、洗濯機の排水溝から水があふれることもあり、常に湿気を排除するための換気と、水漏れ対策をしっかり行うようにします。

職場が変わったのでその近くに住みたい、家族の人数が変わった、などの事情があって引っ越しと宅配クリーニングするケースが結構あると思います。


この際だからと、不要なものやいらない服などを一気に処分し、身軽になって新居に向かうことが多いと思います。


しかし、布団は買い換えや処分を行うことなく引っ越し先でも、引き続き同じものを使うようです。

自分になじんでいるものなのでなかなか手放せないものかもしれません。

姉は居住しているアパートから実家である我が家に戻ってくることになりました。

洗濯する作業のため、私と母が、引越の前日に荷物や布団や衣類を整理する手伝いに行きました。

10年住んでいた部屋にふさわしく、不用な物のがびっくりするような事になっていました。


実家に持っていかないものを売ってしまうと、軽トラの荷台にまだ倍は積めるほどになり、あまり苦労せず引越が完了しました。

今日においても、引っ越しと宅配クリーニング時の挨拶は今後の生活を快適に過ごすためにも必要不可欠ですね。


贈答品については、のし付けをどうするのが良いのかで戸惑う方もいると思います。


引っ越しの挨拶は堅苦しいものでもありませんし、のしは外のしが最適です。

表書きは「ご挨拶」として、下にはご自身の苗字を記名するように指定すれば問題ないでしょう。