冬の寒さ

北海道の今年の冬の訪れは早かった。


夏から秋を一足飛ばしに冬になってしまったような感覚。


それでなくても冬の始まりは久しぶりに味わう寒さにげんなりするのに
今年は、「もう??」という戸惑いも加わって、一層気分が落ち込んでしまった。


こうなると、はやく雪が積もればいいのに、と思うのは私だけだろうか。


私にとっては、なにがイヤかって、「雪もないのに寒い」という状況がイヤなのだ。


氷点下の寒さは、もはや「寒い」というより「痛い」。


道産子なら頬に当たる風の感覚で気温が氷点下を下回っているかわかるだろう。


そうなれば、諦めもつくというもの。


しんしんと雪の降る夜道は意外と寒さを感じなかったりするのだ。


例年よりもだいぶん早い初雪を観測した今年。


根雪になるのも早いのだろうか。